魔法少女のEQレシピ1(曲名じゃないよ!)

Advertisement

さて、随分前に言ったのでやりましょう。 EQレシピ1!

あくまで参考程度に、音の出すものやレコーディング環境で音が変わるから~

あと個人的なものなので、人によって違うかも。

 

1.人間の声(男女とも)

まず人間の声の根幹部分は大体200~650Hzぐらいです。このの部分が聞こえさえすれば日本語を聞き分けることができます。ただ、音は「波」です。ある一定の波というエネルギーが生まれればノイズとして(あるいは素晴らしい音として)生み出した以外の波も生まれます。人間の声も同じで、根幹の音が聞こえれば何を行っているか理解できますが、余分な音がなければ、その環境や抑揚を感じるのは難しくなります。

ですのでここから周波数帯ごとにどういう効果なのか簡単に説明します。あくまで言葉での説明ですので、暇な時に録音したり、ボーカル素材を聞いて確かめてみて下さいです。

・14-16kHzから上
ココらへんから持ち上げると空気感がでます。(録音されていないと意味が無いけど)
ただノイズや耳障りな音もあります。

・8kHz
このあたりは少し持ち上げて見ましょう。ココを上げると、声が明瞭になります。声が埋もれているとかこもっているという場合はココらへんを持ち上げてあげるといいかもです。基本的にハウリングもしやすい周波数なので人の耳にはちょっと痛い音でもあります。

・4-7kHz
このあたりは少し下げましょう。ここは歯擦音という「さしすせそ」「たちつてと」などで、部分的に音が大きくなる部分です。耳につくようならディエッサーを入れましょう。

・3kHz
ここは8kHzの音おなじでここを少し持ちがえると明瞭感がえられます。ここはどちらかと言うと、もっと具体的に透明感といったほうがいいかな? 8kHzと3kHzはバランスを考えてBoostするといいかも。

・2kHz前後
ここは下げるといいかも。甲高い音というか耳につく嫌な音の成分が個人的に有ると思う

・1kHz
ここは鼻声というか鼻抜けというか、そういう音です、ウィスパーならブーストするといいかも。それ以外なら、少し邪魔なのでカットするといいかも。

・200-600Hz
声をパワフルにしたい時はBoost。こもっていたらCutするといいかも。

・80Hz
このあたりに大体ポップノイズがあるからフィルタでカットするといいかも。

 

というわけで今回はここまで次は、ベースのEQや音作りについて簡単に説明したいと思います。
急ぎ足、乱文で失礼しました。

Advertisement
フェルロット
About フェルロット 7 Articles
オリジナル曲>http://www.nicovideo.jp/mylist/30848484 どこにでもいる魔法少女です。

あなたのコメントをお待ちしています

コメントをどうぞ

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください