初心者でも出来るかも?Vocaloidで英語を歌う方法 Part 1

Advertisement

前回ボーカル曲の仮歌でIAを使用した時になんとなく
「英語歌詞、行けるんじゃない?」
という錯覚手ごたえを感じたので一つトライしてみようか?と考えたのが運のつき。

 

やるなら好きな曲でやりましょうとMejaの曲をiTunesで探したところアルバムを読み込ませていなかったので別の曲。
StarshipのNothing’s Gonna Stop usで挑戦してみようと思います。
好きな曲でやるなら、大変でも近づける楽しさがあるからね。
物事を始める時、突き詰める時、楽しいってのは重要な事です。

今回も活躍してもらうVocaloidはIAさん。
クリアでハリのある声が使いやすくてお気に入りです。
どこまで頑張ってくれるでしょうか?

Nothing’s gonna stop us

聞けばほとんどの人が知っているはず。
映画マネキンで主題歌だった名曲です。
この曲が聴きたくてCDを探しに行ったのを良く覚えています。

まずは歌詞を確認しよう

いきなり丸ごとなんとかしようってのは無理があると思うので出来る所から。
練習なのでAメロのブロックに的を絞って行きたいと思います。

Looking in your eyes I see a paradise
This world that I’ve found
Is too good to be true

意訳すると

君の瞳に楽園を見たんだ
この世界で見つけた素晴らしい真実

優しい語感で詩的な表現ですね。
曲も大好きですが、映画も大好きでした。

そして英語歌詞から何も考えずに日本語読みにすると次の様になります。

るっきんぐ いん ゆあ あいず あい しー あ ぱらだいす
でぃす わーるど ざっと あいぶ ふぁうんど
いず とぅー ぐっど とぅ びー とぅるー

ちょっとダサいですね。
さて、これをVocaloidが本当に歌うことができるんでしょうか?

さくっとメロディを拾う

大好きな曲でやることには大きな意味があって、聴きなれている分耳コピーなどが楽に出来る点があります。
さくっと曲を流しながら鍵盤で鳴らすと一発で音が取れました。

そして作成したこのブロックをボーカロイドトラックにブロックをコピーしてVocaloid Editorを起動します。
これで準備はOK。

準備できたVocaloidトラックだけを鳴らしてみます。

あーあーあーで音程だけ聞こえる状態になりました。
ここから先程の日本語歌詞を流し込んでみましょう。

音符がぜんっぜん足りてねえ!!w
日本語でも譜割は重要ですが、英語の場合は日本語以上に短いパッセージに単語が詰まることがあります。
当然譜割もそれに合わせて細分化する必要があります。
ですので文言をベースに譜割の調整から行います。
「あ」だとなんとなく聴きにくいので「ぱ」に発音を変更してから作業を行います。
Vocaloid Editor for Cubaseを使用しているのでCubaseのピアノロールからハサミツールでしゃきしゃきと音符を切って「ぱ」で埋め尽くしてみます。

「あ」の時よりも歯切れがよくなるのでなんとなくいい感じになりました。

 

では歌詞を流し込むと・・・

ここまで来れば歌詞を入れていけるんじゃね?
と、いうことでVocaloidの底力を見せて貰おう!!

・・・えー(´・ω・`)

とりあえず棒ですが、リズムだけは何とか・・・辛うじてと言った感じ。
実際ベタ打ちでこれなら決して悪くない結果だとは思います。
世の中そんなに甘くないよ!!(`・ω・´)

当然ですが、ベタ打ちではリズムにやっと追従するだけ、とても「歌っている」とは言い難い状態です。
しかし、かなりもう少し頑張ることでそれっぽく歌うことくらいは出来るんじゃないか?

実際それっぽく歌えているかは前回のデモにて聞いて見てください。

まだまだPart 1、きっとまだ行ける!!(汗
次はベロシティとデュレーション(音価)を調整してそれっぽさを出す努力をしてみたいと思います。

Vocaloid3 IA DUO PACKAGEIA DUO PACKAGE

続きます!!

Advertisement
みるくここあ
About みるくここあ 307 Articles
ウィンドシンセを片手に曲を作っています、演奏するのも聴くのも好き。 ゲームとITと変な情報を拾ってくるのが得意。 色々とやっているらしいけど詳細はヒミツ。 オリジナル曲を公開しています。 http://www.nicovideo.jp/mylist/31704203 作曲風景の生放送もしています。 https://rainbowsound.cafe/rainbow-sound-cafe-live/ 音楽やDTMに纏わる話題を色々と書きます。

あなたのコメントをお待ちしています

コメントをどうぞ

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください