WaveLab Elementsを導入してみました

Advertisement

RX6を買うつもりではあるのですが、簡単な処理ならこれでも十分そうです。

 

毎度の事ですがセール情報を日々発信しておられるゆにばすさんから受信してはいけないツイートを受け取ってしまいました;

録音の関係でこっそりとあれこれ買いそろえていた中にWaveLab LEのライセンスが入っていたのでアップグレードできちゃうじゃない・・・;とSteinberg Online ShopでLEからElementsへのアップグレードを購入してしまいました。

DAW上で音源を鳴らすだけならノイズの混入など気にならないのですが環境の整った場所で録音したデータ以外はどうしてもノイズが混入しますし、演奏の録音の場合キーの音やブレスの音などが問題になることも多いのでそろそろ導入しようかなあ・・・と思っていたので良いタイミングでした。
クーポンコードを使用して3,000円未満、不足ならProまでアップグレードしても30,000円程度ですのでもしかしたらProにしちゃうかも・・・?

クリッカブルノイズを消したい

まずは前回録音したGreenSleevesに含まれているキーノイズで試してみました。

0:09辺りでカチっという小さい音が鳴っていると思います。
それ以降にも度々出てきますが、これはvenovaの低い方のキーをタッチした時に発生する音です。
マイクの近くで演奏すると意外とこの音が大きく入るのと、ラージダイアフラムのコンデンサマイクを使用すると距離を取ってもかなり目立つので対策することにしました。

録音した演奏だけで音声を聞くとこんな感じになります。
0:08秒の辺りにカチっという音が聞こえます。

 

WaveLab Elementsのノイズリダクションでこのノイズは消せるのでしょうか。

RestoreRigを使ってみる

WaveLab ElementsにはRestoreRigという補修プラグインが付属しています。

RestoreRigはDeClickerDeNoiserDeBuzzerという3セクションが連結されたノイズ処理プラグインになっていて、それぞれの用途で必要な機能を含んだプラグインになっています。

今回はカチカチというキーノイズを消したいので使用するのはDeClickerとなります。
また、環境由来のノイズも背景に入っているのでDeNoiserを使用してそちらも処理してみます。

DeClickerはCRACKLE、CLICK、POPの三種類のノイズに対してどれくらい作用させるかを指定するだけの簡単な作りになっています。
クラックルノイズとは一般にいう「バリッ」というノイズ音で、静電気や収音機への接触などが混入する音で、クリックノイズは録音中に入る「プツッ」というタイプのノイズです。
ポップノイズは所謂「吹かれ」の事を指すのだと思うのですが、音響的なポップノイズは別の意味でもあるのでちょっとどちらか判然としません。

今回はカチっという音が気にならなくなる程度まで調整を行いたいので種類的にはクラックルとクリックではないかと判断し、当該箇所をループ再生しながらパラメーターを設定してみました。
クリックがかなり高く設定されていますが、全体的な音質には大きな影響は与えていないようです。
この状態でレンダリングした音声は次のようになりました。

 

カチっと抜けて来た音が「コツッ」という目立たない音になりました。
venovaのキーノイズはプラスチックなのでカチカチという音が結構目立つのでこれは便利に使えそうです。

次は背景のノイズを処理してみます。

環境ノイズを処理するのは中央にあるDeNoiserを使います。

これは常在ノイズを学習させてリダクションするタイプなので頭の部分をループさせながらノイズを学習させて使用しました。

クリックノイズと環境由来のノイズをリダクションした結果はこうなりました。

 

WaveLabのプラグインの説明などは日本語・英語のヘルプに解説が無いためチュートリアル動画を見て使い方を参考にしてみてください。

歌ってみたに挑戦している人は持っておくと良さそう

Elementsということで一番欲しいなと思っているスペクトラムエディタはついていないのでこんなところかな?という感じです。

RestoreRigはパラメーターが非常に簡単ですので、初心者にも安心して使えそうです。
歌の録音をやってみよう!!と思っている方は持っておけば役に立ちそうです。
もっとも最初の録音の段階でどれだけ上手に録れるかが勝負なのでツール万能とは思わずに録音の技術についてもしっかり勉強しておきたいと思います。

ちなみに今回はZOOM H4N Proに付属していたWaveLab LEからのアップグレードでElementsを入手しました。
こちらも録音に非常に便利なので一台あると捗るぞ?

こちらについては後程別にまとめたいと思います。

最終的な結果はこうなりました。
キーノイズの処理を色々とやってみました。
Youtubeのバージョンと比較の参考に・・・なるかな?

 

この記事を書いている時点ではセール中ですが、通常価格でも10,000円程度なので歌みたのプレイヤーさんは是非自分でも触ってみてくださいね。

更新をサボっている訳ではなく、一度にあれこれやりすぎて区切りの良いものが出せないという良くない言い訳をしています。
いつでもホイっと良い物を出せる技術があれば最高なんですけどね;

毎度のことですがやった事のない事だらけですので一歩ずつ確かめながら前進を続けていきたいと思います。

Advertisement
みるくここあ
About みるくここあ 278 Articles
ウィンドシンセを片手に曲を作っています、演奏するのも聴くのも好き。 ゲームとITと変な情報を拾ってくるのが得意。 色々とやっているらしいけど詳細はヒミツ。 オリジナル曲を公開しています。 http://www.nicovideo.jp/mylist/31704203 作曲風景の生放送もしています。 https://rainbowsound.cafe/rainbow-sound-cafe-live/ 音楽やDTMに纏わる話題を色々と書きます。

あなたのコメントをお待ちしています

コメントをどうぞ

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください