venovaでシバの女王を吹いてみました

Advertisement
Konrad Witz

色々と変えながら実験しています。

 

自宅からそう遠くない場所にスタジオが結構あるので、最近は気分でスタジオに入っては練習したり録音したりと色々と試しています。
もっとも録音の技術も経験もないので機材も準備もできていないのであれこれと買い集めながらトライアンドエラーを繰り返すような毎日です。

練習についてもただ音を出すだけではつまらないのでなんだかんだで耳コピーで練習用のマイナスワンを作って、楽譜を起こして練習というサイクルを続けています。
ハナミズキの流れを継続している感じです。

そんな訳で今回は古い曲から一曲、ポール・モーリアオーケストラが演奏したシバの女王を演奏してみました。

イージーリスニングの名曲

シバの女王の原曲はシャルル・グノーのオペラです。
昔はよく耳にした楽曲だと思うので知っている方も多いのではないでしょうか。

演奏の難易度としてはベタな演奏であればそれほど難しい曲ではありませんが、装飾音やアーティキュレーションを入れる余地がいくらでもありそうなので突き詰めていけばもっと色々出来るような気がします。
そういう意味で練習曲として楽しい曲ではないかと思います。

ポール・モーリアはイージーリスニングの巨匠として数々の名曲・名アレンジを発表した作編曲家であり、本人もピアニストでありチェンバロの奏者でした。
それ故にポール・モーリアの楽曲には管弦楽とピアノ、チェンバロをフィーチャーした楽曲があり、他の作曲家と編成の面でも特徴的でした。

個人的にはエーゲ海の真珠がポール・モーリアの楽曲では一番好きなのですが、この曲は旋律の演奏に長い上昇がありvenovaの音域ではフラジオを使ってもカバーしきらないので今回は見送りにしました。
上手く折り返せるフレーズかアレンジが思いついたらこちらにも挑戦してみたいなあと思っています。

バッキングのコピーについて

原曲は旋律と対旋律がストリングスで演奏されているシバの女王。
ポール・モーリアオーケストラの編成はwikipediaにもありますが、そんなに大きな編成ではありません。

今回はその中からリズムとバックだけを抜き出しています。
雰囲気を寄せるのであれば弦もバッキングに加える方向がよいかなと考えたのですが、いい方向性が思いつかなかったのでそのままにしています。
吹奏楽編成にした方が演奏と合わせるには良いかなと考えているので方向性が決まったらもう一度挑戦するかもしれません。

使用した音源はKirk Hunter StudioのDiamondからブラスとNIのピアノ、ドラムといつも通りな感じです。

録音について

動画にした通り、今回からラージダイアフラムのコンデンサマイクを使ってみました。
スタジオ備え付けのレコーダーにそのまま録音してしまったのですが、オケを聞きながら録音することができないレコーダーだったので演奏は何も聞かずに一発録りになりました。

長い曲でこういう方法は辛いのと、せめてパンチインできてレコーダー自体が多少のノイズリダクションなどの処置ができる物が欲しいなあということでレコーダーも追加することにしました。
DTMオンリーだとこういった部分には滅法弱くなってしまうのでこれからはあまり引きこもりすぎずに外でも色々やって行きたいなあと思う所存です。

機材のレビューなどは後程順次出していきたいと思います。

実際の演奏はこうなりました

今回はA#が厄介な曲でした。
FD#の運指も音が綺麗に決まりにくいので気を付けたい所です。

特定の運指の音が抜けにくいであったり出しにくいという問題は慣れで解決するものなのか正しい演奏方法があるのか未だに良く分かっていませんが、引き続き基礎練習を続けていきたいと思います。

次はヤマハのキャンペーンに応募用に用意した曲をやりたいなっと。

Advertisement
みるくここあ
About みるくここあ 293 Articles
ウィンドシンセを片手に曲を作っています、演奏するのも聴くのも好き。 ゲームとITと変な情報を拾ってくるのが得意。 色々とやっているらしいけど詳細はヒミツ。 オリジナル曲を公開しています。 http://www.nicovideo.jp/mylist/31704203 作曲風景の生放送もしています。 https://rainbowsound.cafe/rainbow-sound-cafe-live/ 音楽やDTMに纏わる話題を色々と書きます。

あなたのコメントをお待ちしています

コメントをどうぞ

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください