歌系VTuberをチェックしてみた

Advertisement

バーチャルユーチューバー(VTuber)の人気が急騰していますね。
二日間続いたニコニコ超会議にも多数のVTuberが参戦していました。

 

流行りに乗る!!訳ではなく、技術的な側面や個性で面白い!!と思うVTuberもいるのでSubscribeもしています。
一番のお気に入りは電脳少女シロちゃんです。おほほいおほほい!!

こういったアバターに対してコンテンツを作成する元祖はテライユキだと思いますが、歴史とか蘊蓄を語るのは音楽系から外れる話なのでやめておきます。

VTuberも他のYoutuberのように色々な企画ネタを動画にしたりゲーム実況したりしていますが、歌を持ちネタにしているVTuberもいます。

そんな「歌系」VTuberについて紹介してみたいと思います。

かしこまり(with パンディ)

2018年2月から活動開始をした新人さんですが、既に登録者4万人超。
好スタートを切った注目のVTuberです。

トークネタは比較的ラフですが、勢いがあるので好きな人はハマるかも?

特技が歌というだけあって中々の歌唱力です。
激ウマか?と言われると即答はし辛いのですが歌い方と声質に光るものがあって伸びしろがありそうです。
コーラスなどの経験はなさそうな感じです。

基本的にアシスタントのパンディ(タンバリン)との掛け合いが中心なのでアシストに助けられている感がありますがきっと今後はもっと面白いことに挑戦してくれるのではないかと期待させてくれる、そんなパワーのあるVTuberです。

ときのそら

歌系VTuberツートップと聞けば一人はときのそらと挙げる人が大半なのではないでしょうか。

透明感があり高音域でも乱れない歌声、合唱系の訓練を受けたことがあるんじゃないかなと思っています。

歌声だけでなくピアノ弾き語りもできるとあって一線を画す資質を持っているVTuberではないでしょうか。
アヴェ・マリアは素晴らしかったです。

生放送でもちょっとコメントしていましたが、権利関連にも配慮がしっかりできているのでよく考えながらやっているのだなあと思います。
ちょっと薄幸な感じがするので応援してあげたい気はします。

富士 葵

歌系VTuberツートップは個人的にときのそらと富士葵かなあと思っているくらい歌が上手なVTuberです。
透き通る高音のときのそらに対して中音域の力強さが富士葵の魅力です。

スーザン・ボイルと自虐するように初期モデルがちょっと癖の強いデザインだったのですが、クラウドファンディングによってデザインリニューアルに成功してかわいく変身しました。

合唱系の出身ではない・・・気がします。
ときのそらと同様にピアノが得意、ギターもできると本人の談があるのでギターで弾き語りなどのソロシンガー系の経験がありそうな感じです。

歌い方が丁寧で安心して聴けるのもいいですね。

現状はまだ手探り

爆発的な勢いで増加しているVTuberですが、現状では四天王+親分と呼ばれるトッププレイヤー以外の認知度はニッチの域を脱していません。
それぞれの活動も方向性での差別化が難しいジャンルであり、個性でどこまで伸びられるかという厳しい戦いの世界でもあります。

性質上傾向の似たVTuberは互いに時間を奪い合う事になるので、「歌系」同士のファン争奪戦の加熱なんてこともあるかもしれません。

プレイヤー(VTuber)を中心とした穏やかなコミュニティがコンテンツとして、癒しとしての魅力を持っている今の均衡が心地よさなので過激なファンの出現が無ければいいなあと思います。

勝手に歌系VTuberというカテゴライズでまとめてしまいましたが後悔はしていない。

今後の活動に期待するとともに、折角だしオリジナルなんかもやってくれたら楽しそうだなあと期待を込めて放り投げておきたいと思います。

オリジナルを歌ったVTuberもいることだし、プレイヤーありきのコンテンツが産まれる事に期待しています。

皆さんがんばってね!!

Advertisement
みるくここあ
About みるくここあ 270 Articles
ウィンドシンセを片手に曲を作っています、演奏するのも聴くのも好き。 ゲームとITと変な情報を拾ってくるのが得意。 色々とやっているらしいけど詳細はヒミツ。 オリジナル曲を公開しています。 http://www.nicovideo.jp/mylist/31704203 作曲風景の生放送もしています。 https://rainbowsound.cafe/rainbow-sound-cafe-live/ 音楽やDTMに纏わる話題を色々と書きます。

あなたのコメントをお待ちしています

コメントをどうぞ

Your email address will not be published.