Amazon神話は終わるのか?流通網で勝負のOmni7

Advertisement
Photo by ed_davad from pixabay

配送無料、リードタイムの短い配送システム。
圧倒的な強さを見せる通販の雄といえばAmazonです。

 

世界的な展開、圧倒的な商品数。

どれを取ってもまさに世界規模の強さを誇るAmazonですが、その裏側で納入業者や配送業者に対する締め付けは以前から問題視されてきました。

Amazonを巡る競争阻害の問題は多岐に渡りますが、佐川急便Amazonとの契約を解除した件は記憶に新しいのではないかと思います。

ユーザーの利便性の面ではワンストップで大量の商品を検索でき、オーダーと支払いが一本化できるメリットは大きいものであることは間違いありません。

しかし、その背景で過剰なコストダウンや採算を度外視した価格設定を強いる環境に甘んじてしまえば巡り巡って自らの首を絞める結果にもなりかねません。

公正取引委員会の判断が下るまでにはまだ時間がかかると思いますが、Amazonがいつまでも巨人であるという安心感は持たない方がよいと考えています。

最短即日着でも受け取りが出来ないこともある

Amazonの強さを支えている大きな要素の一つは圧倒的に安い送料と最短即日着が可能な流通システムにあります。

特に最短即日着発送についてはどうしてもすぐに必要という局面には心強いですが、平日昼間は仕事で家を空けてしまう人にとっては必ずしも必須ではない場合もあります。

そもそも宅配の場合受取人が不在では受け取りが出来ず、再配送の予定を決めて依頼を掛けたりと余計なひと手間を増やしてしまうこともあります。

常に在宅する仕事をしている人以外には、必ずしも必要とは限らない過剰なサービスと言えなくもありません。

多様化する受け取り方法

近年では流通改革により、利用者の利便性を向上させる様々な取り組みがなされています。

昔は一時預かりを経た受け取り方法は郵便局留めくらいしかありませんでしたが、これは郵便局が開いている時間しか受け取りが出来ない上に、郵便物に限るサービスであり利用者にも制限の多いものでした。

現在は大手ネット通販のほとんどが店頭受け取りや営業所受け取りなどのサービスを選択できるようになっています。

この店頭受け取りが非常に便利なので紹介したいと思います。

24時間365日受け取りが可能になる

店頭受け取りとは主にコンビニエンスストアで商品の受け取りを可能にするサービスです。

コンビニに配送された商品を受け取り票や番号によって照合してもらい、店頭で商品を引き渡して貰うことが出来ます。

この方式の最大のメリットは「配送時間外でも受け取りに行くことができる」ことです。

平日は仕事で家を空けてしまう人も、予定があって外出をしなければならない人も、コンビニが開いている時間ならいつでも立ち寄って商品を受け取ることが可能になります。

しかし、性質上大きすぎる商品や生鮮品が取り合え使えないなどの制限もあります。

それを鑑みても時間に縛られないというアドバンテージは当日着にも匹敵するサービスだと思います。

独自流通網が強いOmni7

現在コンビニエンスストア業界のトップに君臨しているのはセブンイレブンです。

セブンイレブンはイトーヨーカドー、デニーズなど他業種を跨ぐ総合流通グループ企業です。

特にコンビニエンスストア経営で培った独自の配送ルート、システムの緻密さには定評があります。

それらを束ねるセブンアンドアイホールディングスの総合通販サイトがOmni7です。

Amazonや楽天でもコンビニ店頭受け取りが可能なサービスは存在しますが、購入から店頭までの流通ルートが緻密に管理されているOmni7はその強みを今後大きく伸ばすのではないかと考えています。

Amazonや楽天などで利用できる店頭受け取りの場合、ファミリーマートやローソンなどのチェーン店を選択することが可能ですが、店舗数の一番多いセブンイレブンを選択することが出来ません。

Omni7は他を圧倒する店舗数と流通システムで一歩先を行くサービスを展開しています。

各社の比較
各社の比較

総合モールである楽天の場合、店舗ごとに対応が異なる点は致し方ないとしてもOmni7の場合店頭受け取りが原則的に無料である事は店頭受け取りを選択する場合大きな利点になります。

独自流通ならではの強みがこういう点に活かされているのではないでしょうか。

商品点数はまだ途上、しかし総合流通は伊達じゃない

Omni7はその他にもアカチャンホンポやデニーズなどのベビー用品専門店や飲食の出前も利用が可能な点があります。

総合流通を掲げるだけあり、イトーヨーカドーやLoftなどの商品も横断してOmni7でワンストップに購入することが可能です。

Amazonはマーケットプレイスによるテナント出店、楽天はそもそも大小規模混在の総合モールであり、商品点数が多いことは当然ですが、グループとして商品から流通までを管理している事を考えればOmni7一か所での取り扱い点数はむしろ非常に多いくらいです。

ワンストップであることで個人情報が拡散しないなど他にもメリットはたくさんありますが、Amazon・楽天がシェアを競う中にあって、密かにその力を伸ばしている事に注目すべきではないかと考えています。

CDや書籍ならコンビニ受け取りも選択肢に

今時電子書籍ではないなんて、デジタル配信ではないなんてナンセンスという考え方も分かりますが、DVD付きのMOOKやコレクタブルアイテムとしてのCDという需要があります。

こういった小さな商品の受け取りを平日にしたい時など、店頭受け取りが選択可能なことはやはり便利です。
時間までに自宅に戻らなくてはいけないというルールから外れ、いつものペースの生活のままコンビニに立ち寄って気軽に持ち帰れる。
こういった利用方法は今後も拡大していくと考えられます。

ライフスタイルに合わせた選択が多様化した現代だからこそ、自分にあったサービスを知り、選択することは今後重要なことになると思います。

セブンネットショッピング

CDの通販などもしっかり取り扱っているOmni7。

電子書籍では圧倒的に他に水をあけられていますが、今後の動向には注目だと思います。

Advertisement
みるくここあ
About みるくここあ 302 Articles
ウィンドシンセを片手に曲を作っています、演奏するのも聴くのも好き。 ゲームとITと変な情報を拾ってくるのが得意。 色々とやっているらしいけど詳細はヒミツ。 オリジナル曲を公開しています。 http://www.nicovideo.jp/mylist/31704203 作曲風景の生放送もしています。 https://rainbowsound.cafe/rainbow-sound-cafe-live/ 音楽やDTMに纏わる話題を色々と書きます。

あなたのコメントをお待ちしています

コメントをどうぞ

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください