目指すは海外展開、Fujiya Instrumentsの次の戦略とは

Advertisement

今年の北海道は三月にしては比較的気温も高く(と、言っても関東に比較したら寒いのですが)雪の量もやや少ない気がします。
市内には昨年の地震の影響も見られず、いつも通りの様子だったので一安心しました。

 

今回は事前に訪問予定がはっきり分かっていたのでFujiya Instrumentsの藤谷さんと食事をしましょうとご連絡をさせて頂き、前回から約1年半のぶりにお話する機会を頂くことができました。

前回は藤谷さんが如何にしてJunk GuitarとOrganic Fingered Bassといった音源を制作に至ったか、そのこだわりについて伺う事ができました。
今回は特にインタビューという形でお会いした訳ではないので普通の食事会でしたが、その中でも製品の現在についてや、新しい製品のお話を聞くことができました。
全てではありませんが、今後の展開など色々なメッセージを頂きましたので今回もご紹介したいと思います。

お陰様で定着してきました

みるく
みるく
お忙しい中お時間を頂き本当にありがとうございます。
大分しばらくぶりな感じですね。
藤谷さん
藤谷さん
前回はいつでしたっけ?
みるく
みるく
二年・・・一年半くらい?でしたっけ?
藤谷さん
藤谷さん
そうですね、一年半ぶり。
結構空きましたけど、お会いできてよかったです。

今回は札幌で知人に紹介していただいた味覚園という焼肉店でお会いしました。
非常に美味しいと評判とのことで折角行くならと選んでみましたが、相談の際に藤谷さんも同じお店を考えていたという事ですんなりと決定しました。

食べ放題メニューで和牛を頂きながらゆっくりとお話をさせていただきました。

みるく
みるく
時々リツイートなどされていますけど、買いましたの報告とかも結構あって反響があるのがいいですね。
藤谷さん
藤谷さん
本当にそういう声は励みになります。
最初の頃はサンプリング音源制作で生きていけるのかなと不安な事が多かったのですが、少しずつ定着してお買い上げいただけるようになってきました。
みるく
みるく
それは良かったですね、商売の観点で言うと売れなければいけないけど、手間暇のかかる製品ですから息が長く続いて欲しいですよね。

ターゲットにした層に響いた

藤谷さん
藤谷さん
「この作品で使用しています」などの報告は色々頂けて、そういった使って頂いたというご連絡はとても励みになります。
とても嬉しいです。本当にありがとうございます。
みるく
みるく
最近だと勢いがある宅録お母さんがスラップの打ち込みチャレンジを動画にされたりして、すごく拡散されていますよね。

藤谷さん
藤谷さん
お子さんを育てながら活動していて凄いですよね。
色々な事にチャレンジされたり、機材を買ったりしてすごいなあと思っているのですが、うちの音源を買って頂いて旦那さんに怒られたりしていないかなと心配していますw
みるく
みるく
そこは多分大丈夫なのではw
家計はきっとお母さんの管理なんじゃないですかw
藤谷さん
藤谷さん
大丈夫だと信じますw
宅録お母さんだけでなく、メールなどで報告をして頂いたり、
使って頂いたというツイートがあれば全部目を通しています。
素晴らしい楽曲を制作されている方はどんどん紹介していきたいですね。
ミュージシャンは埋もれている人が多すぎる印象がありますし、少しでもお役に立てたらと願っています。
みるく
みるく
SNSなどで広がる声は重要ですからね。
そう言った面もしっかり拾ったりしながら積極的に告知していくのはいい事だと思いますよ。
藤谷さん控えめすぎるなー、もっと言ってもいいんじゃないかなーって思う事もありますw
藤谷さん
藤谷さん
そうですかw
でも、中々言えない事もあるのでどうしたらいいか考えてしまう事が多いんですよ。
みるく
みるく
と、いうと?
藤谷さん
藤谷さん
お買い上げいただいている方から直接メールで感想などを頂く事もありますが、それはSNS上で発信された情報ではないので、勝手にサイトやSNSでは言えないじゃないですか。プロの方にお買い上げいただいて「何で使いました」というご連絡を頂くこともあるのですが、そういった情報は詳細は外には出せないですし……
みるく
みるく
たしかに、そこは際どい情報ですよね。
まあ明らかにしたらマズいでしょうけど、書いてもいいでしょうか?とお返事してみるのはアリだと思いますよ。
それにしてもプロの現場で使ってもらえるのは素晴らしいですね。
藤谷さん
藤谷さん
元々(こういう音源を作れば、あの業界の人達は評価してくれるだろう)という想いはありました。
そこはとても上手くいったのですが、そこからさらに広めていく事の難しさを改めて痛感してます。
みるく
みるく
それは分かります。
藤谷さん
藤谷さん
例えば音楽制作会社さんなどからお買い上げいただいて、作品で使用していただいたというご連絡を頂くこともできました。
何処とは言えないですけどw
みるく
みるく
えっ、すげえw
これは具体的に言えないから言わない事にしましょうw
藤谷さん
藤谷さん
色々と制約もあるので、作編曲家の方に「これを使いました」とネット上で発信していただける事は少ないと思いますが、
非公開でも、直接ご連絡を頂けるのは本当に嬉しいです。
現場で通用しているという事は自信にもなります。
みるく
みるく
プロの現場で選ばれるようになったという事は、やはり積み上げて来たものが正しいものだったという事だと思います。
前回伺った選び抜いた楽器とこだわりが10年の時を経て認められたと考えると感慨深いものがありますね。
派手に露出しても中身が伴わなければ一過性になりますけど、ゆっくりと堅実に成長していくのは努力と忍耐が必要でそれを続けてきた製品だけが到達できる場所だと思います。

Fujiya Instrumentsが見つめる次のステージとは

みるく
みるく
プロからの声は一つの目標を達成したと感じる出来事だと思うのですが、欲張りなんでさらに聞いてしまうんですけどいいですか?w
藤谷さん
藤谷さん
はい、どうぞw
みるく
みるく
折角反響があるとなると、熱いうちに叩けというか、ここで更なる一手が欲しいなと仕事柄考えちゃうんですがFujiya Instrumentsとしての次の戦略的なものは何か考えられているんですか?
藤谷さん
藤谷さん
戦略的と言えるほどではないのですが、行く行くは会社として何人かで制作が出来たらいいなあという漠然としたイメージは持っています。
みるく
みるく
製品を拡充するのであればその方向は必要ですよね。
公庫系の融資とも視野に入れれば・・・
藤谷さん
藤谷さん
流石にそこまではまだ見えていないんですけどw
今はどうやったら海外に響くか、海外のユーザーにももっと製品の良さを知ってもらうにはどうしたらいいのかなという事を考えています。
少しずつお買い上げいただいたり、存在を認知してもらえたり、うちの音源が良いと情報発信していただけたりはしているのですが、まだまだ海外ではコアなユーザーさんを開拓していかなければならない状況です。

ここからしばらく海外展開について意見の交換などをしました。
展開についてはどうなるかは今後のお楽しみですね。

みるく
みるく
次の製品についてはまだ長い目で考えている、という事なんですね。
藤谷さん
藤谷さん
これは、どうしようかな・・・無いわけではないんですよ。
みるく
みるく
またそうやって・・・w
これは聞いてもいい話なんですか?w
藤谷さん
藤谷さん
製品になるにはまだもう少しかかると思うんですが、実はギターの音源を進めている所なんです。
みるく
みるく
おお、では次のギター音源が出る日も近いのかな。
藤谷さん
藤谷さん
録音は3/5くらい終了してるんですが、演奏者の方のスケジュールの関係もありますので、気長に待っていただければw
基本的にJunk Guitarの操作性をそのまま引き継ぐ形になりますので、今のユーザーの皆さんには喜んで貰えるんじゃないかと思います。
みるく
みるく
気が付くと他のお客さんもういませんねw
時間が経つのが早いなあw
藤谷さん
藤谷さん
あ、本当だw
今日は本当にありがとうございました。
みるく
みるく
こちらこそ、とても楽しかったです。
ご迷惑でなければまた、美味しいものを食べながらお話しましょう!!

およそ3時間に渡りゆっくり食事をしながらお話を聞かせて頂くことが出来ました。

日本で音源制作を行う環境はまだ厳しい現状が続いている中で、他の音源制作に挑戦されている方のことも気にかけながら挑戦を続けている藤谷さん。

Fujiya Instrumentsの次の製品と、海外で日本のインディペンドベンダーが評価される日を一ユーザーとして期待しながら応援していきたいと思いました。

Advertisement
みるくここあ
About みるくここあ 302 Articles
ウィンドシンセを片手に曲を作っています、演奏するのも聴くのも好き。 ゲームとITと変な情報を拾ってくるのが得意。 色々とやっているらしいけど詳細はヒミツ。 オリジナル曲を公開しています。 http://www.nicovideo.jp/mylist/31704203 作曲風景の生放送もしています。 https://rainbowsound.cafe/rainbow-sound-cafe-live/ 音楽やDTMに纏わる話題を色々と書きます。

あなたのコメントをお待ちしています

コメントをどうぞ

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください