VOCALOID 5 Amyでどこまでできるかやってみた

Advertisement

VOCALOID 5は4種類の付属ライブラリが標準で、上位版ではさらにYAMAHAのVOCALOIDライブラリが4種類付属しています。

 

標準付属ということでお試し版かな?というつもりで前回のデータを制作しました。

今回はVOCALOID 5の機能を理解しつつ、4よりも進化した5を目標に歌わせてみました。

今まで保有のライブラリはGUMIとIAで、英語ライブラリを購入していなかったため無理やり英語入力のテクニックで入力していましたが、今回はvenovaの演奏用に作成したオケデータがありますので英語ライブラリで挑戦をしてみることにしました。

VOCALOID 5 Amy

AmyはVOCALOID 5に標準付属の女声ライブラリです。
画像を見るとなんとなくソウルシンガーをイメージしたライブラリなのかな?というイメージを持ちます。

標準状態で歌わせてみても大体イメージ通りのソウルフルな方向性を目指している感じがしましたので、緩急とアクセントが重要な曲も上手く歌いこなしてくれるのではないかなという期待が持てました。

SINGING SKILLの設定をSoulfulに設定すると非常にいきいきと歌ってくれるので入力が楽しくなります。

そんな訳で今回もスタジオラグさんへ寄稿を行った記事のテクニカルサイドについてこちらで紹介していきたいと思います。

Exciterでアクセントをはっきりと

動画でパラメータに表示しているのはExciterパラメーターです。

前半からパラメーターをぎゅんぎゅん動かしていますが、これはこの曲が前半の方が早いパッセージが多いためです。
後半はできるだけ省エネで行けそうな所を目標にしていますが、もっと派手に動かしても構いません。
特にスタッカートするノートについてはExciterとDynamicsの両方をうまくセットすることが重要になります。

VOCALOIDの場合ノートの長さでも制御ができる部分ですが、音価の表現を追求していくなら末尾ほど丁寧に処理していく必要があります。
この入力についてはVOCALOID 4と比較して各段にコントロールしやすくなった部分ですのでエディタにカーブをどんどん書き込んで結果の変化を確認しながら調整していくのが良いと思います。

英語のイントネーション

日本語の1ノート1音と異なり、英語の入力では1ノートに複数の発音記号を割り当てることが可能です。
(これ日本語でもやらせてくれないかな・・・)

基本的に歌詞の入力を行うとおおよそいい感じに発音とタイミング調整をしてくれます。
しかし、速いパッセージやフレーズの場合単語に対して音符が足りないという事態もありますのでそういう部分に関しては適切な調整を行う必要があります。

寄稿記事では実例を一つ挙げてありますが、以前の記事で紹介したLet it goなどでも敢えて単語から変換された発音から離れた方が結果が良くなるケースもありますので結果を聞きながら調整を行いましょう。

テンポ処理に不安がある

今回テーマに使用したTommorow is mineはイントロに少しだけリタルダントするテンポ変化があります。

この部分に続いて歌い出しがあるのですが、プロジェクト全体のwave書き出しをしたところ歌い出しの長さがおかしなことになりました。

最終的にはテンポ変動する部分を別ブロックとしてテンポ変化の影響を排除する方向で出力しましたが、頻繁にテンポを変える曲の場合不具合を起こす可能性はあります。
まだ発生の原因や影響の範囲について検証を行っていませんが、VOCALOID 4 Editor for Cubaseで問題なくできていた部分だけにこの挙動には納得のいかないものがありました。

そんな訳で完成した音源はこちらです。

いかがでしょうか?
海外の方には鼻声っぽく聞こえてしまうようなのでまだまだ精進が必要ですねw

VOCALOID 5になって海外ユーザーの注目も改めて高まっているのを感じます。

これは標準パッケージに英語ライブラリを付属した点や音楽制作向けに機能を強化して扱いやすくなったためではないかと思います。

エディタを含め作業性は明らかに向上していますし、出力結果も以前よりも良い結果が出ています。

何より曲の中で使いやすいことは制作する人にとって最も重要な事であり、VOCALOIDエンジン全体のパフォーマンスを向上させるという形でユーザーの期待に応えたのは喜ぶべきことだと思います。

バージョンを6に上げたCeVIOと進化を遂げたVOCALOID。
これからもバーチャルシンガーの進化は続いていくと思います。

新しく始めてみよう!!という才能からリスナーを驚かせる新曲が発表されるのが今から楽しみですね。

Advertisement
みるくここあ
About みるくここあ 290 Articles
ウィンドシンセを片手に曲を作っています、演奏するのも聴くのも好き。 ゲームとITと変な情報を拾ってくるのが得意。 色々とやっているらしいけど詳細はヒミツ。 オリジナル曲を公開しています。 http://www.nicovideo.jp/mylist/31704203 作曲風景の生放送もしています。 https://rainbowsound.cafe/rainbow-sound-cafe-live/ 音楽やDTMに纏わる話題を色々と書きます。

あなたのコメントをお待ちしています

コメントをどうぞ

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください